2008年06月14日

ビルケンサンダルのブランドの種類

ビルケンサンダルには、現在以下のブランドが存在します。

クラシック

1960年代初頭にカール・ビルケンシュタインが開発した初めてのサンダル「マドリッド」に問い合わせが殺到し立ち上げたブランド。その後、チューリッヒ、ローマ、アリゾナ、ラムゼス、ボストン、モンタナ、ロンドン等など、現在では世界各都市の名を冠した多くのバリエーションを展開しています。
    

パピリオ

1989年に設立されたブランドで、クラシックをベースにしていますが、ファッション性を意識したカラー素材を使用しています。シーズン毎に違ったデザインを提案しており、その年だけにしか作られないモデルも多く、入手困難な商品も多いです。
     

ビルキー

1993年に設立されたブランドで、もともと水周りやガーデニングでの使用を目的として開発されており、ポリウレタンでできた商品も多のですが、近年ではコルクフットベットを使用した独自のアッパーデザインの商品も開発しています。


アルプロ

2000年に設立されたブランドで、もともとクラシックラインで生産されていた静電気防止や、水や油に強いフッ素加工された革を使用するなど職場での使用を考えた作りになっています。ストラップもマジックテープを使用し、使いやすさを追求したブランドです。

ビルケンサンダルとは

ビルケンサンダルとは、1960年にBIRKENSTOCK社が開発したファーストモデルのマドリッドという種類に始まり、その後、チューリッヒ、ローマを開発したブランド「クラシック」に起因します。
ビルケンシュトックのサンダルは、靴職人としてビルケンシュトック家230年あまりの長い歴史の中で受け継がれてきた確かな技術力を背景に、世界中で愛されています。また、日本では一般的にビルケンという名称で呼ばれ、その快適な履き心地が人気を博しています。
posted by birken at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビルケンサンダルとは